あるビジネス雑誌にサラリーマン大家さんの記事が載っていました。
将来の生活設計のために貯蓄ではなく、投資によって資産を増加させる方法として紹介していました。
中古物件を競売や一般販売で安く購入し、それを自分で住むのではなく人に貸出し賃貸収入を得る不動産投資について書かれていました。
賃貸収入で得たお金を、また更に別の不動産の購入資金に充てたりしながら、資産を
増やしていくものです。
所得が少なくても、結果総資産が1億円以上となり、不動産収入で十分生活ができるという内容です。
やはり貯蓄ではこういうことはできず、投資でしかなしえません。
貯蓄ではせいぜい住居としての住宅ローンを返済するだけで精いっぱいなはずです。
しかし投資は異なり、お金がさらにお金を生み増えていくのです。
勿論、リスクはありますがメリットも十分享受できるのです。
投資には、様々な種類がありますが、衣食住に関係するものは需要は必ずあるので検討に値します。