宅配買取は家の中にあるもう使わなくなったものを売ることができるサービスです。
宅配便を利用することによって業者のところへ売りたいものを送ることができるのです。
このようなサービスのため、わざわざお店まで足を運ぶ必要がないという点がメリットとなっています。
デメリットとしてはオークションのような方法に比べると高く売れる機会が少ないというものです。
基本的に宅配買取の査定価格というのは市場での価値を基準にして決められるからです。
そのため相場から極端に離れた価格で売ることができるケースはあまりないでしょう。
極端に高く売れることもなければ、逆に安すぎる査定価格しかつけてもらないというケースも少ないでしょう。
そのため安定した価格で売れるという点についてはメリットともいえるでしょう。

宅配買取のシステムはとてもシンプルであり、誰でもすぐに利用することができます。
宅配で売りたいものを送ったならば、それを査定してその結果を教えてもらえます。
その査定結果に満足できたならば、買取は成立してすぐにお金は銀行に振り込まれるでしょう。
そのため手間といえば品物を梱包して、それを宅配として出すための手続きくらいなのです。
とても簡単に利用できて、自分の持っている品物を売ることのできるサービスのためとても便利なのです。